MENU

【編集部厳選】大阪市福島区 × 史跡のおすすめスポット6選!

目次

福沢諭吉誕生地

「福沢諭吉誕生地」は、大阪市福島区にある史跡であり、ランドマークでもあります。石碑が建立された場所は、中津藩豊前国中津藩の蔵屋敷で生まれ育った福澤諭吉の誕生地であり、堂島川に面しています。口コミによると、淀川から分流してきた大川が流れる大阪市内中心部に位置しており、歴史的な価値がある場所として訪れる人も多いようです。

【公式サイト】http://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/page/0000009879.html
【住所】大阪府大阪市福島区福島1丁目1-1
【電話】06-6208-9166

福沢諭吉誕生地

「福沢諭吉誕生地」は、大阪府大阪市福島区にある史跡であり、ランドマークでもあります。福沢諭吉は、日本の武士、著述家、啓蒙思想家、新聞時事新報の創刊・発行者、教育者、東京学士会院(現在の日本学士院)初代会長、慶應義塾創設者であり、明治の六大教育家の一人です。彼は、1835年に大阪市福島区(大坂堂島浜)にあった中津藩蔵屋敷で、下級藩士福澤百助・於順の次男として生まれました。また、1855年には、蘭学者・医者として知られる緒方洪庵が大阪市・船場に開いた蘭学の私塾である適塾に通うこととなりました。福沢諭吉誕生地は、彼の生まれた場所であり、彼の功績をたたえる場所でもあります。

【公式サイト】http://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/page/0000009879.html
【住所】大阪府大阪市福島区福島1丁目1
【電話】06-6208-9166

野田城趾の碑

大阪府大阪市福島区玉川4丁目3-3にある「野田城趾の碑」は、戦国時代の城郭であり、史跡として知られています。1531年に中嶋の戦いが勃発し、細川高国と三好元長が戦った際に、浦上村宗が築城しました。また、細川氏綱は舎利寺の戦いなどで活躍した武将であり、野田城を増築して籠城しました。しかし、1576年には織田信長によって野田城は落城しました。また、安土桃山時代には野田城と福島城の戦いが織田信長と三好三人衆の間で行われました。口コミでは、このスポットが戦国時代の城郭であることや、武将たちの活躍について触れられています。

【住所】大阪府大阪市福島区玉川4丁目3-3

松瀬青々旧跡

松瀬青々旧跡は、大阪府大阪市福島区海老江にある史跡です。松瀬青々は、1872年に船場の薪炭商の長男として生まれました。彼は本名を弥三郎といい、北浜上等小学校を卒業後、丁稚奉公や呉服行商として働きました。20代後半には子規と出会い、勤めていた第一銀行を辞めて上京し、「ホトトギス」の編集に携わりました。1900年には大阪に戻り、大阪朝日新聞社に入社し、朝日俳壇を担当しました。また、1901年には「宝船」(後に「倦鳥」と改題)を創刊しました。1906年には、当時の大阪市中央区北浜から現在の場所に移転しました。

【住所】大阪府大阪市福島区海老江4丁目10-17

雙松岡塾跡

大阪府大阪市福島区にある「雙松岡塾跡」は、史跡として知られています。この場所は、長崎県を拠点に活動していた大村藩が福島区に蔵屋敷を建てたことから始まりました。1861年には、大村藩に所属していた松林飯山氏、三河刈谷藩の松本奎堂氏、仙台藩の岡鹿門氏らが中心となって塾を開校しました。この塾は「雙松岡(そうしょうこう)」と名付けられ、尊王攘夷思想を掲げていました。しかし、大坂町奉行所の介入により閉鎖されることとなりました。現在は、この歴史的な場所を訪れることができます。

【住所】大阪府大阪市福島区福島1丁目1

逆櫓の松跡

大阪府大阪市福島区福島2丁目2-7にある「逆櫓の松跡」は、史跡として知られています。この場所は、源平合戦の際に源義経と梶原景時が論争したとされる老松のあった場所です。1185年、源義経は源頼朝から平家追討の命を受け、摂津国の港・渡邊津に軍を集めました。そして、義経と景時はこの地で出会います。しかし、暴風雨のため景時は出航を見合わせようとしますが、義経は出航を決断します。義経勢は阿波国勝浦に到着し、平家の軍がいた屋島を急襲しました。現在、この場所には逆櫓の松址碑が建てられています。

【住所】大阪府大阪市福島区福島2丁目2-7

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる